第8回定期演奏会

ベートーヴェン「交響曲第1番」は、典雅な様式に青年らしいやんちゃさが溢れた作品です。伝統と破天荒を愛するオルケストラ・クラシカとの化学反応をお楽しみください。
プーランク「オルガン、弦楽とティンパニのための協奏曲」では、ソロはもとより多くの一流楽団と共演を重ねるオルガン奏者 室住素子氏、元・新日本フィル首席ティンパニ奏者の近藤高顯氏を迎えます。真夏の光の中で、若いオーケストラと名手が織りなす豪華なサウンドをお楽しみください。
ヒンデミット「弦楽と金管のための協奏音楽」は、ナチスが台頭する頃に書かれた、金管と弦楽が組み合う重厚な作品です。困難な現実に向き合いながら、古典を愛し未来を望む作曲家が拓いた“音楽と人間のフロンティア”。金管楽器を中心に据えたレパートリーはクラシカにとっても新しい挑戦です。ご期待ください。

■日時:2019年8月25日(日)14:00開演(13:30開場)

*13:45~ 大森 悠によるプレトーク

■会場:武蔵野市民文化会館 小ホール
〒180-0006 東京都武蔵野市中町3-9-11(JR「三鷹」北口より13分)
武蔵野市民文化会館アクセス

■入場料: 全席自由 2,000円

■出演:

音楽監督・指揮/大森 悠

オルガン/室住素子

ティンパニ/近藤高顯

ゲスト・コンサートマスター/渡辺美穂

■曲目:
ベートーヴェン/交響曲第1番 ハ長調
プーランク/オルガン、弦楽とティンパニのための協奏曲
ヒンデミット/弦楽と金管のための協奏音楽

*申し訳ございませんが、未就学児のご入場はお断りしております。

——

【室住素子(むろずみ もとこ)プロフィール】

東京大学文学部美学芸術学科を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科(オルガン専攻)卒業、同大学院修士課程修了。安宅賞受賞。

水戸芸術館開設準備室に入り、1997年まで音楽部門主任学芸員を務めた。1993年には「市民のためのオルガン講座第1期」に対して、吉田秀和・水戸芸術館館長賞受賞。その後、オルガニストとして、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団、NHK交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラなど、オーケストラとの共演を重ねている。2010年カーネギーホールにて、小澤征爾の指揮でブリテン〈戦争レクイエム〉のオルガンを担当した。日本オルガニスト協会会員。

【近藤高顯(こんどう たかあき)プロフィール】

神戸市生まれ。17才より打楽器を始め、東京音楽大学付属高校打楽器科を経て東京藝術大学音楽部に進み、 有賀誠門、高橋美智子の両氏に師事。卒業後、1980年よりドイツ政府給費留学生としてベルリン芸術大学に学び、元ベルリン・フィル首席ティンパニスト、O. フォーグラー教授のもとで研鑽を積む。
帰国後1985年に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団。 1989年より2018年まで首席ティンパニ奏者を務める。
紀尾井ホール室内管弦楽団の創立メンバーでもあり、現在は桐朋学園大学特任講師、洗足学園音楽大学非常勤講師を務めている。