オルケストラ・クラシカとは

logo-large
室内管弦楽団オルケストラ・クラシカは、大阪フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者・大森悠の提唱のもと、2013年12月に発足した。東京大学音楽部管弦楽団のOBを中心に、優れたプロ奏者の支援を得て演奏活動を行っている。ハイドンを中心とする古典作品と、その粋を受け継ぐ近現代作品を取り上げ、自然で自由なアンサンブルによって管弦楽の理想を追求することを目指している。


音楽監督

大森 悠(Haruka OHMORI)

1969年東京都生まれ。都立西高校管弦楽部でオーボエを始め、東京大学進学後は東京大学音楽部管弦楽団に所属する。卒団後プロ奏者に転向し、在京オーケストラの客演奏者を務める一方、ソリストとして各地のオーケストラと協奏曲を協演。2001年に初リサイタル。その後ドイツ・バンベルクに留学し、当時のバンベルク交響楽団首席奏者であったオットー・ヴィンター氏に師事する。

帰国後まもなくセントラル愛知交響楽団に入団、大阪交響楽団首席奏者を経て、2008年より大阪フィルハーモニー交響楽団に首席奏者として在籍している。2014年5月には大阪フィル公演においてモーツァルトのオーボエ協奏曲のソリストを務めた。これまでにオーボエを池田肇、井口博之、オットー・ヴィンターの各氏に師事。

また、指揮者としては、当団を率いて信濃楽友会とブラームス「ドイツレクイエム」、ヴィヴァルディ「グローリア」等を共演。当団以外ではブルーメン・フィル、関西シティフィル、伊丹シティフィル等に客演している。


ゲスト・コンサートマスター

渡辺 美穂(Miho WATANABE)

名古屋市生まれ。3歳よりヴァイオリンを始め、林茂子、久保田良作、ゲルハルト=ボッセ、ジェラール=プーレ、澤和樹の各氏に師事する。東京藝術大学音楽学部附属高等学校から東京藝術大学へと進み、2005年卒業。卒業時にアカンサス音楽賞を受賞し、同大学院へ進学。全日本学生音楽コンクール高校の部全国大会第一位。

2006年から2012まで東京フィルハーモニー交響楽団セカンドヴァイオリン フォアシュピーラー、2012年から2014年まで大阪フィルハーモニー交響楽団コンサートマスターを務める。現在は、東京フィル、読売日本交響楽団、新日本フィル、東京シティフィルをはじめ、国内各オーケストラより客演コンサートマスターとして招かれている。またこれまでに、ソリストとして名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、藝大フィルハーモニア等と共演。